全国のイベント施設の駐車場検索・予約と厳選駐車場

全文を読む閉じる

日本全国には大きなスポーツ競技会、野球・サッカー等の公式戦、コンサート・ライブ、展示会、格闘技試合、演劇等を開催できるイベント施設がたくさん存在しています。特に週末や休日に開催されるイベント時には多くのファンや観客が各会場に押し寄せ、最寄駅、周辺道路、駐車場等、いつも大変混雑します。

イベント施設は、その規模や用途等に応じて、以下の約6種類があります。

(1) 約5万人収容の屋根付き球場の「6大ドーム」
(2) 野球・サッカー・ラグビー等の屋外球技スポーツ用の「スタジアム・球場」
(3) スポーツ競技が開催される「競技場・体育館」
(4) 音楽のライブ・コンサートが開催される「ホール・アリーナ」
(5) 展示会・展覧会・国際会議等が開催される「展示場・国際会議場」
(6) ミュージカル・演劇・歌舞伎等が開催される「劇場」

このように、6種類のイベント施設には用途等での特徴があり、施設の立地・規模・設備、観客・参加者の層の違いにより、イベント前後の行動や駐車場の活用方法や求められる駐車料金・サービスも大きく違っています。

その中でも、(1)「6大ドーム」の札幌ドーム、メットライフドーム(西武ドーム)、東京ドーム、ナゴヤドーム、京セラドーム、ペイペイドームは、いづれも大規模駐車場が整備されています。しかし、約5万人規模の集客のあるプロ野球公式戦や大人気アーティスト・声優等のコンサート・ライブでは、常に駐車場不足で周辺駐車場や予約駐車場を活用する必要があり、周辺道路は渋滞し、駐車場も満車が頻発します。また入出場には時間がかかるため、最大料金のある駐車場選びも重要です。

また、(2)「スタジアム・球場」、(3)「競技場・体育館」、(4)「ホール・アリーナ」は、数万人規模を収容できるにもかかわらず、甲子園球場、横浜スタジアム、横浜アリーナ、大阪城ホール等では駐車場の設備が無かったり、車室数が少ない場合が多いため、車で行く場合は必ず周辺駐車場や予約駐車場等の活用が必須となり、満車の心配が付きまといます。

そして、(5)「展示場・国際会議場」の東京ビッグサイト、幕張メッセ、インテックス大阪等では、ビジネス関連の展示会、同人誌、コミケ、モーターショー、国際会議等が頻繁に開催され、数日に渡って数十〜百万人規模の集客となるビックイベントも存在します。通常大規模駐車場が整備されているのですが、それでも臨時駐車場を追加しても混雑・満車が発生してしまいます。そのため、周辺駐車場や予約駐車場だけでなく、会場の最寄駅前後の駅近の駐車場に停めて電車で会場にアクセスするパークアンドライドを活用する方も多いです。

最後に(6)「劇場」は観客席が比較的少なく、複合施設やビル等に入居している場合が多いため、施設の駐車場や周辺駐車場を活用することで足りる場合が多いです。しかし、クリスマス、ハロウィン、夏休み等は子供同伴や家族連れでの車でのお出かけが多くなり、周辺駐車場も混雑するため注意が必要です。

このように、イベントは施設の種類・用途・設備等により駐車場の利用傾向が違ってくるため、個々の施設単位で対策をする必要があります。ここでは、駐車場のプロが全国の主要なイベント施設での混雑を回避できて安い駐車場や予約駐車場を厳選し賢い利用方法も含めて詳細にご紹介します。

エリアから探す

エリアから探す

全国の人気イベント・コンサート施設の厳選駐車場

全国の主要なイベント、コンサート・ライブ、スポーツ競技(野球・サッカー等)施設に最適な時間貸し・予約駐車場を徹底調査・厳選してご紹介しています。混雑回避の裏ワザや穴場情報もあるのでチェックしてみてください!

全国の人気展示会・コンベンション施設の厳選駐車場

全国の主要な展示会・コンベンション施設に最適な時間貸し・予約駐車場を徹底調査・厳選してご紹介しています。
大人気のコミケやモーターショー等での混雑回避の裏ワザや穴場情報もあるのでチェックしてみてください!