『バンコク』の駐車場現地視察レポート”第1弾”

schedule2017年6月30日

IMG_2353 copy

近年、経済成長著しい東南アジア有数の大都市「バンコク」、グルメ、マッサージ、買い物、エンターテインメント等、多くの観光客を惹きつけ続けており、車の所有台数も急増し、雨の日などは交通渋滞も頻発しています。急変しつつあるバンコクの最新駐車場事情を視察してきました!

その実際の現場を、商業施設、オフィスビル、イベント会場、地下鉄駅での駐車場サービス事例を日本の駐車場サービスとも一部比較しながらレポートします!

 

1.MBKセンター(大規模ショッピングセンター)

【施設の特徴】

MBKセンターは、バンコクの最大の商業地域のサイアム地区のナショナルスタジる8階建、売場面積8,900㎡、約2,500店舗が入居する巨大なショッピングセンター(日本の東急デパートも隣接しています)です。
この施設には、ファッション、電化製品、インテリア、雑貨、貴金属、映画館、フードコート等があり、観光客にもお土産等を安く購入できる非常に便利な商業施設なのです。平日、休日問わず、多様でグローバルな顧客層で大変賑わっています。見て歩くだけでも色々な物が販売されていて楽しく、半日くらい直ぐに過ぎてしまいます!

IMG_2351IMG_2324

【駐車場概要】

▼ 住所: MBK Building 444 Payathai Road, Pathumwan Bangkok 10330 Thailand
▼ 台数:約2,000台
▼ 駐車場形態:立体式自走駐車場
▼ 営業時間:10:00〜22:00
▼ 料金・割引等:
  *普通料金  最初の4時間 40バーツ(約120円、以後1時間毎 20バーツ(約60円)
  *最大料金  無し
     *サービス     VIP会員向けサービスとして、予約・バレットパーキングサービスがある。

【駐車場の特徴】

駐車場は、入口と出口は、場所が分れており、有人によるゲート方式で入出場を管理しています。各階はカラー計画により、色分けされており、駐車場所の特定もし易くなっています。
駐車場は休日等は相当混雑するため、VIP会員向けに予約・バレットパーキングサービスを提供していて大変便利なようです。これは、日本では、玉川高島屋ショッピングセンター等にて同様のバレットサービスが有料で提供されています。

IMG_2344IMG_2330

IMG_2329

 

2.THANAPOOM TOWER(高層オフィスビル)

【施設の特徴】

THANAPOOM TOWERは、Western Propertyが運営している横浜ゴム、大成建設等の日系企業の入居する高層オフィスビルであり、地下鉄MRTAのペップリー駅から少し離れたところに位置します。そのため、このオフィスで働く従業員の多くが車、バイク等で通勤しているようで、その駐車場も大規模で約800台の収容となっています。

IMG_2659IMG_2652

【駐車場概要】

▼ 住所:1550 New Petchburi Rd., Makkasan, Ratthawi, Bangkok 10400 Thailand
▼ 台数:約800台
▼ 駐車場形態:立体式自走駐車場
▼ 営業時間:7:00〜17:30
▼ 料金・割引等:
  *普通料金 1時間毎 30バーツ(約90円)
  *最大料金    無し
     *月極料金    賃貸面積100㎡毎に1台分無料。追加の場合は、1,800バーツ(約5,400円)/台・月

【駐車場の特徴】

駐車場は、このオフィスビルで働く従業員及び来客用の大規模立体式自走駐車場であり、出入口にはゲート装置が整備されているが、駐車チケット等の受け渡しは有人対応となっています。
駐車料金では、時間貸し料金が30バーツ(約90円)/時の1種類であり、最大料金等の長時間駐車メニューは導入されていない状況です。しかし、車室の約80%は稼働中であり、タイでは車通勤者が多いことが伺え、オフィス賃貸面積に比例した月極駐車車室数が無料で付与される契約のようです。
また、タイ独特の駐車の仕方も見受けられ、駐車場車路活用した駐車をする為にサイドブレーキを引かないまま駐車しておき、他の車の出庫時の障害になる場合は、勝手に手押しで車を移動させることができるようです。実際には、手押し移動時に車をぶつけられる等のトラブルは発生しているようですが・・・タイらしいですね笑。

IMG_2649IMG_2650

 

3.クイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター(EZ PARK)

【施設の特徴】

N.C.C. Management & Developmentが運営するバンコクでも有名なコンベンションセンターで、毎週のようにイベント(国際会議、ミスユニバース世界大会、各種展示会等)が開催され、視察時にもモバイルエキスポが開催されていました。立地も最寄駅はMRTA(地下鉄)のこのホール名のクイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター駅から徒歩2分にあり、近隣には証券取引所や最新の開発スポットの「FYIセンター」があります。施設内には、フードコート、レストラン、物販店舗も多数入店しており、幅広い顧客層が利用し、特に週末はイベント等が催されるため、非常に混雑しています。

IMG_2676IMG_2704

【駐車場概要】

▼ 住所:60 New Rachadapisek Road, Klongtoey, Bangkok 10110, Thailand
▼ 台数:約700〜1,500台(バス30台)
▼ 駐車場形態:大規模平面駐車場
▼ 営業時間:8:30〜20:00
▼ 料金・割引等
  *普通料金 1時間毎 20バーツ(約60円)
  *最大料金  6時間毎 40バーツ(約120円)

【駐車場の特徴】

EZ PARKという名称の駐車場で、砂利の非常に広大な敷地を活用し、大まかな駐車区画だけが決められた車室ライン等が引かれていない粗雑な整備状況となっています。スコール後等には、駐車場内が水浸しになることも頻繁に発生しています。
場内は警備誘導員が配置され、駐車車室を指定され、誘導されるため、自分の好きな場所に駐車することは困難です。出入口のゲート装置等には、日本の駐車管制システム(アマノ製)が整備されており、有人にて料金精算を行なっています。料金面では、流石にコンベンションセンターのため、長時間駐車向けの料金が提供されています。
また、バンコクの多くの駐車場の割引で、携帯電話会社のサービスとして、携帯・スマホの契約者向けに駐車場無料サービスを提供しているところが多くあります。ここでも、特定の携帯電話加入者専用の無料駐車場エリアが設けられていました。

IMG_2710IMG_2712

IMG_2701IMG_2672 copy

 

4.MRTAパーキング(クイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター駅近く)

 

IMG_2684IMG_2695

【駐車場概要】

▼ 住所:クイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター駅近く
▼ 台数:約100台
▼ 駐車場形態:平面駐車場
▼ 営業時間:5:00〜1:00
▼ 料金・割引等
   *普通料金   地下鉄利用者:2時間毎  15バーツ(約45円)、地下鉄未利用者:1時間毎  50バーツ(約150円)
      *最大料金   300バーツ(約900円)/日
      *月極料金   1,500バーツ(約4,500円)/台・月

【駐車場の特徴】

この駐車場は、地下鉄(MRTA)がバンコク市内の渋滞軽減策の一環でパーク&ライド用に設置した駐車場で、地下鉄利用者が駐車場を利用すれば割安で利用できる料金体系が導入されています。パーク&ライド用のため、地下鉄駅の近くに必ず整備されているのも特徴です。さらに、駐車場内は、綺麗に舗装され、屋根も付いており、出入口は、ゲート装置と有人管理で運営されているため、非常に通勤者に人気が高く満車となる時間が多い状況です。
地下鉄利用者の駐車場料金の割引方法は、地下鉄降車駅構内に設置されている専用装置に、地下鉄チケット(カード)をかざすことで、割引対象の認証がされ、駐車料金が割引されるシステムが導入されています。

IMG_2683IMG_2679

 

なお、バンコク駐車場視察レポート”第2弾”では、バンコクの繁華街の駐車場の特集等を予定していますので、乞うご期待ください!