新しいカーライフ! 中古車とカーリースの比較、どちらがお得・安い?

schedule2022年5月27日
お得な月極駐車場が見つかるサイト!駐車場の神様インスタグラム
お得な月極駐車場が見つかるサイト!駐車場の神様インスタグラム

新しくカーライフをスタートする際、新車を購入すること以外には中古車の購入や、カーリースを利用するという選択肢があります。
「中古車・カーリースのいずれかを選択」すれば、新車を購入するよりも初期費用を抑えて経済的なカーライフを始めることができますね。

そこで今回は、中古車の購入とカーリース利用のそれぞれの特徴・費用などを比べてご紹介します。どちらか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

◇中古車とカーリースの特徴・費用の違いとは?

中古車とカーリースの特徴・費用の違いとは?

まずは、中古車とカーリースの違いを理解してもらうために、それぞれの特徴や費用について解説します。

・「中古車」は安く自分の車を購入できる

中古車は、同じ車種やグレードでも新車と比べてかなり安く購入できることがあります。
また、生産中止になっているモデルや、輸入車を手に入れられる可能性があるのも魅力です。
価格は車の人気や時期などによって変動するため、同じ車でも価格に差があることもよくあります。
一方で、新車を購入する時のようにオプションなどを選ぶことができない場合や、前の所有者によって車の状態に差がある場合も。

・「カーリース」は月額で新車に乗れる

カーリースは、月額制の車のサブスクリプションで、契約者はリース会社が用意した新車を長期契約します。
レンタカーとは違い、マイカーとして乗れるのが特徴です。
月額リース料には、車両本体の価格の他に税金や保険料などの諸費用が含まれているのが基本です。
プランによってはメンテナンス代や車検費用なども含めることができるため、プランの組み方次第で新車に安く乗ることが可能です。

 

◇中古車購入のメリット・デメリット

中古車購入、カーリースにはどちらにも優劣があるわけではありませんが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

・中古車購入のメリット

1.新車よりも安く購入できる
中古車購入の1番のメリットはやはり「安く買えること」です。
また、中古車ではなく「新古車」と呼ばれる未使用に近い車も存在し、こちらも新車よりも安く購入することができます。
上述したように、中古車は時期や人気車種によって価格の変動があるため、良いタイミングを見つけて合わせれば、目当ての車をお得に手に入れることも可能です。

2.コンディションや走行距離を気にしなくて良い
カーリースの場合、使用するにあたって「走行距離」に制限があるのが基本で、良い状態で車を返却する必要があります。
そのため、走行距離の他にコンディションにも気を使いながら乗る必要がありますが、中古車であれば購入して自身の所有物になっているので、汚れ・傷のコンディションや走行距離を全く気にせずに乗ることができます。
免許取りたての初心者や、運転に自信がない方も安心して乗ることができます。

3.新車よりも納車期間が短い
中古車の場合は既にある車を購入するため、車検や整備さえ終わればすぐに納車されるので、急ぎで車が必要な時にも助かります。

・中古車購入のデメリット

1.月々の支払額や維持費にばらつきがある
カーリースでは、月額料金に車の維持に必要な税金や保険、車検などの諸費用が含まれています。
一方、中古車購入の場合は諸経費を自身で用意する必要があり、車検やメンテナンスの度に支払いが発生します。
例えば、0円や1万円など破格で売られている中古車は、購入後に高額なメンテナンスや整備費がかかることがほとんどです。
単純に販売価格の安さだけで購入しないよう気を付けなければなりません。

2.欲しい車種が必ずあるとは限らない
中古車は、購入したいタイミングで必ずしも欲しい車が販売されているとは限りません。
車種やグレード、状態、内装、カラーなど、何かしらの妥協をしなければならないことが多いです。

3.所有者の登録変更などの手続きが必要
中古車の名義は、販売店や以前の所有者の名義になっているので、登録変更の手続きが必要になります。
自身で行うのが難しい場合は、代理で販売店に行ってもらうことも可能ですが、別途代行手数料がかかることがほとんどです。

 

◇カーリースのメリット・デメリット

・カーリースのメリット

1.月々の支払いが一定額になる
カーリースの「月々の料金は基本的には一定」です。
車のローンのようなボーナス払いも必要もなく、契約時に決まったリース料金を月々支払うだけです。
カーリースの月額料金に税金や保険料、車検費用が含まれているプランであれば、支払時期に追われたり、大きな出費で困ったりするような心配がありません。

2.突然の出費の心配も不要
上述したように、カーリースならプランによってはメンテナンス料金や車検費用も、月額料金に含めることができます。
車検は2年に1回やらなければならない上に費用が高額ですし、車検の他にも12ヵ月点検やブレーキオイル・エンジンオイルの交換、タイヤやその他パーツのメンテナンスなどの整備も定期的に行う必要があります。

これらを月額料金に含められるメリットの他に、カーリース会社が提携している整備工場などでメンテナンスや修理を受けられることもあるため、突然アクシデントが起きても安心です。

3.新車に乗ることができる
カーリースでは、最新モデルの新車に乗れるという魅力があり、傷や汚れ、購入直後の故障など、中古車にありがちなトラブルの心配がありません。
また、近年では、ガリバー等の中古車販売会社が中古車のサブスクサービスも開始しています。

4.好きな車種を選ぶことができる
カーリースでは、国産メーカーの豊富な車種を取り扱っているため、選択肢が豊富です。
希望する車種はもちろん、グレードやカラー、オプションなども新車を購入するのと同じように選択できるのもポイントです。

5.頭金の必要がない
購入の場合だと、新車中古車問わず、頭金や登録などの諸費用で大きな現金が必要なため、ある程度まとまったお金がなければなりません。
カーリースの場合は、頭金が必要なく初月から月額料金で新車に乗ることが可能です。

6.車を売却、廃車にする手続きが不要
車を所持している場合は、その車を手放す際に売却、あるいは廃車にすることが必要になります。
カーリースの場合は、契約満了時に車を返却するだけでリース会社に任せられるので、手続きがスムーズに済みます。

・カーリースのデメリット

1.契約満了後には車を返却しなければならない
カーリースの場合、原則として契約満了時に車を返却しなければなりません。
その返却時には、車を元の状態に戻す「原状回復」が必要になります。
状態によって、クリーニングや修理の追加料金が発生するため、車のコンディションに配慮して乗らなければなりません。

2.走行距離に限度がある
カーリースの車はほとんどの場合、走行距離に限度が設けられています。
走行距離数はリース会社によって違いますが、自身の普段の利用頻度などを考慮して、それに合わせた距離が設定されているプランや会社を選ぶ必要があります。

3.中途解約に違約金が発生する
カーリースの場合、中途解約には違約金が定められています。
例えば、契約期間中に事故などで廃車にしてしまった場合はかなり大変ですので、任意の保険に加入するなどして、注意しておかなければなりません。

 

◇中古車購入とカーリースはどちらが良いのか?

中古車購入とカーリースはどちらが良いのか?

・中古車購入がおすすめの人

中古車の購入は、できるだけ車を安く購入したい方や、新車ではもう手に入らないモデルを探している場合などに向いています。

また、審査に通らないなどでローンが利用できない場合も、安い中古車なら一括での購入がしやすいです。

・カーリースがおすすめの人

車関連のさまざまな支払いをなるべく抑えたい方、月額化したい方にはカーリースがおすすめです。
プランによっては、タイヤやバッテリーなど消耗品の交換や、車検の費用も定額になります。
月額制で車の維持費がわかりやすいため、家計管理もしやすいでしょう。
購入する際に必要な初期費用や、頭金などの金額を用意するのが難しい方でも利用がしやすいです。

 

◇まとめ

中古車の購入とカーリースでは、特徴や仕組みが異なるため、個人や環境によって向き不向きが変わります。
どちらが良いというわけではないので、ご自身の現在の状況や、今後の予定などに合わせて選んだカーライフを楽しんでくださいね!