中古車売買における「ワンオーナー車」とは? 購入するメリット・デメリット

schedule2022年8月9日

中古車を購入するにあたり、「ワンオーナー車」という単語をよく耳にします。
車に関心がない方や、初めて車を買い替える方にはあまり聞きなれない言葉です。
そこで今回は、ワンオーナー車についてわかりやすく解説し、ワンオーナー車両のメリットやデメリットなどをまとめました。

 

◇ワンオーナー車とは?

ワンオーナー車とは?

「ワンオーナー車」とは、新車として購入された車が売却され、初めて中古車市場に出回った状態を指します。
たとえ家族全員でその車を共有していても、過去のオーナーがひとりだけであればワンオーナー車としてみなします。

ただし、法人の事業用車両やレンタカーなどはオーナー履歴が1回であってもワンオーナー車として扱われません。
ワンオーナー車は中古車には変わりありませんが、多くのオーナーの手に渡っていないため中古車市場や一般ユーザーからも人気が高くなっています。

 

◇ワンオーナー車のメリット

「ワンオーナー車」を選ぶメリットをご紹介します。

・メンテナンスが行き届いている
前オーナーは新車を購入できる財力があるということから、車のメンテナンスが行き届いている可能性が高いという点が挙げられます。
また、新しく購入したものはできるだけ丁寧に扱いたいという傾向から、車に対して愛着が湧き1ヶ月点検や1000km点検などの整備をしっかり受けているパターンが多く見られます。
反対に、新車を購入する財力がない方や車に関心がない方は、普段のメンテナンスを疎かにしている可能性が高いため注意しましょう。

・保証書やメンテナンスなどの整備記録が揃っている可能性が高い
ワンオーナー車は、保証書やメンテナンスなどの「整備記録簿」がきちんと揃っている可能性があります。
整備記録簿があれば、「メンテナンスを行った回数」「走行距離に見合った定期交換部品が交換されているか」などを確認できるため、今の車の状態を把握できるでしょう。
複数のオーナーに行き渡った車は保証書や整備記録簿が存在しないことが多く、車がどのように整備されてきたのか不明な場合があります。
ワンオーナー車を購入する前に、必要な書類が揃っているかもあわせて確認しましょう。

・比較的高年式の車が多い
ワンオーナー車は他の中古車と比べて高年式の車が多いこともメリットの1つです。
前オーナーが車を購入してからまもない初回の車検時に買い替えやすく、そのような車は高年式のワンオーナー車として分類されます。
また、高年式で手放した車は走行距離が短い車も多く、ほぼ新車と変わらない状態で購入できる可能性があります。
ワンオーナー車は他の中古車よりも車の状態がよく人気があるため、価格は高めの傾向ですが、新車を購入するよりかはお買い得でしょう。

 

◇ワンオーナー車のデメリット

ここからは、「ワンオーナー車」のデメリットをご紹介します。

・他の中古車と比べて価格が高い傾向にある
ワンオーナー車は中古車市場で人気が高く、さらに車の状態がよければ車両価格は高くなりがちです。
中古車なのに新車とあまり変わらない値段であれば、購入を迷ってしまいますよね。
しかし、中古車を購入するからといって安易に低単価の車ばかりを探していると、修復歴や水没歴があったりする場合があるため注意しましょう。
ワンオーナー車の購入を考えていたとしても、予算とのバランスを考えて視野を広げることが大切です。

・前オーナーによってはメンテナンスが十分行き届いていないことも
ワンオーナー車だからといって、必ずしも車両の状態がいいとは限りません。
ワンオーナー車であっても前の所有者が車に興味を示さなかったり、自動車にお金をかけなかったりするタイプであれば、十分なメンテナンスを施していない可能性があります。
逆に複数オーナーの中古車であっても、車に関心があるマメなオーナーであれば、車が生まれ変わるほどのメンテナンスを施しているかもしれません。
中古車選びではワンオーナーという言葉だけを鵜呑みにせず、メンテナンスの記録や修理・交換した回数などを総合的に見て判断しましょう。
つまり「ワンオーナー車=安心・安全」と思わないように注意してください。

 

◇ワンオーナー車の見分け方

中古車市場では数多くの車が出回っているため、どの中古車がワンオーナー車なのか見分ける方法を知らない方もいるでしょう。
ワンオーナー車を見分ける方法は「車検証」と「新車保証書」の確認です。

・車検証
車検証には購入したオーナーの情報が記載されており、ワンオーナー車の車検証は前所有者情報のみが記載されています。
複数のオーナーの手に渡っていれば、それぞれの氏名が車検証に記載されているためワンオーナー車ではありません。
また車検証には、初年登録年月と登録年月日が記載されています。
新車で購入されていれば基本的に登録月が同じなため、登録された日付を確認してください。
近年では個人情報保護の理由から、前オーナーの情報が一部確認できなくなっています。
より確実にワンオーナー車を見分けたい場合、「新車保証書」を併せて確認しましょう。

・新車保証書
自動車には新車を購入したときだけメーカーから発行される「新車保証書」があります。
ワンオーナー車であるか否かは、車検証の登録年月日と新車保証書の発行日が同じかどうか、および名義が同一か否かで判断できます。
もし、新車保証書がなければワンオーナーとは言えません。

 

◇ワンオーナー車購入前にチェックすべきポイントは?

ワンオーナー車の中でも状態の良し悪しは分かれます。
ここでは、ワンオーナー車を購入する前に確認すべきポイントをご紹介します。

1.外装や内装の状態を見る
状態のいいワンオーナー車を見つけるには、まず「外装」「内装」「エンジン」を確認しましょう。車に詳しくない方にエンジンの判断は難しいですが、外装や内装であれば素人でも確認できます。
ネットの画像だけを見て判断せずに、実際に自分の目で見て傷や凹みなどがないかよくチェックしましょう。
中古車販売において車を売るために、ネガティブな情報もまるで問題がないようにアピールすることがあります。
販売店のセールストークに騙されず、自分の目で見て判断してください。

2.その販売店は信頼できるか
車の状態やメンテナンスの状況などを丁寧に説明してくれる、信頼できる販売店を選びましょう。
中古車販売業者によっては、多少品質が悪くても「ワンオーナー」であることの価値を全面に出して高値で販売してくるお店もあります。
口コミや情報などを参考にしながら信頼できる販売店で購入しましょう。

3.第三者機関が発行する「鑑定書」が付帯されているか確認する
外装や内装は自分でチェックできるとはいえ、信頼できる情報があればより安心して車を購入できますよね。
確認作業に不安がある場合には、「鑑定書」が付帯されている中古車を選びましょう。これは、第三者機関のJAAAという日本自動車鑑定協会が発行しています。
これはプロの鑑定士が車の状態を客観的に見て鑑定書で補償してくれるもので、車に詳しくない方でも安心して購入できます。
また、鑑定書の発行は販売店自らがコストを支払って協会に依頼しています。
車の状態を知れるだけでなく、その販売店が「顧客ファースト」を意識した信頼できるお店であるともいえるでしょう。

 

◇車の状態を総合的に見て購入を決めよう!

車の状態を総合的に見て購入を決めよう

ワンオーナー車の購入前にチェックすべきポイントなどについてご紹介しました。ワンオーナー車だからといって、全ての中古車が必ずしもいい状態とは言い切れません。
「ワンオーナー車だから安全」という考えはせずに、車の状態を総合的に見て判断しましょう。